新年を迎えて、これから入園準備で忙しいという方も多いのではないでしょうか?
 

 入園準備で用意するものは?

スポンサーリンク

 
幼稚園によって準備しなければならない物は違うと思うのですが、だいたい以下の3種類ではないでしょうか?
 
  • 幼稚園指定の絵本バックや上履き袋、体操袋、お弁当袋などといった手作り品
  •  制服や靴下などの衣類や小物に貼るお名前シール
  •  水筒やお弁当箱
  • その他:レイングッズや遠足グッズ
 
 ミシン
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手作り品

ここで一番大変なのが、やはり 幼稚園から指定がある手作り品 ではないでしょうか?
 
お裁縫大好き!という方は楽しいと思うのですが、そういう方ばかりではありません!
おうちにミシンがないという方もいらっしゃるでしょうし、作るのは好きだけど働いていて忙しく作っている暇がないという
方もいらっしゃると思います。
 
昔は、「おかあさ~ん」と母親に泣きつく人も多かったのでは?と思います。
 
今は本当に便利な世の中になりました。
 
インターネットでちょちょいと検索すれば、既製品を売っているお店だけでなく、手作りが得意な人が指定通りにつくってくださるサイトまで見つかります!
 
高そう!と思うのですが、自分で生地を購入して、慣れない裁縫に取り組んで時間をとられてしまうことを
考える(実際に四苦八苦しながら自分で作ってみて思うのは)とそんなに高くない!です。
 
手作り品のおすすめサイトをご紹介します!
 
 
手作り作家さんが集まったサイトで、自分好みの作品を選んで購入することができます。
またサイズ指定がある場合には、サイズ指定可の製作者さんにオーダーすることができます。
 

お名前シール

最近の テプラ はいいものだと、アイロンシールを作成できたり、リボンに印字できたりもします。
テプラはあると便利です。
 
テプラのアイロンシールも試してみましたが、これはイマイチでした。
破れない紙のシールを貼っているような感じがあり、布製品との一体感がない感じがします。
はがすときにも跡がのこってしまいました。
 
結局、布製品用のお名前シールは、それ専用のものを買い足しました。
 
お名前シールのおすすめはここです。

namename 楽天市場店

お弁当箱や水筒、コップ

水筒は持っていってよい幼稚園とそうでない幼稚園がありますよね。
魔法瓶タイプOKのところとNGのところもあると思います。
 
お弁当箱の タイプやサイズ が一番の悩みどころだと思います。
お弁当箱のタイプは、アルミ製のふたをかぶせてゴム止めをするものと、パッキンのついたものなどあります。
 

お弁当箱選びのポイント

  • 子供があけたり、しめたり自分で行えるか。
  • お弁当のサイズは、子供の食べる量から小さすぎず大きすぎず。
  • 冬にお弁当を温める幼稚園であれば、それに対応したお弁当箱を最初から購入
 
脇でがちゃっとしめるようなプラスチックのお弁当箱は、こぼれないしのでいいようにも思えますが、3歳でこの開閉が出来ない子は結構います。
 
お弁当箱は小さいものを買うとすぐに買い換えることになったりもします。とはいえ、幼稚園からも最初のうちは食べきれるように少なめのお弁当にしてください。
などと言われるのでスカスカだったりもします。。。
 
お弁当を温める 冬にはアルミ製のお弁当箱のみと指定をしている幼稚園もありますし、耐熱のお弁当箱であればよいとしている幼稚園もあります。
どのようなお弁当箱であれば1年中使えるか確認してから購入するとよいと思います。
スポンサーリンク
 

そのほかに準備しえおくとよいもの

  • レインコート、長靴、傘などの雨天用のグッズ
  • リュックサック レジャーシート お手ふき
幼稚園にはいるとすぐに春の遠足があります。そのときに慌てないためにも準備しておくとよいでしょう。
 
幼稚園入園準備品の手作り品やお名前シールは、 3月になると品薄になり納期が遅くなったりして間に合わなくなることがあるので 気をつけましょう!
スポンサーリンク