hawaii夏休みに ハワイ旅行 に行ってみたいな~!
今年は行こうかな~?
なんて考えている方いませんか?
 
世田谷区の幼稚園や小学校のお友達のお話で夏休みや冬休みにハワイやグアムに行ってきた~なんて
話はよく耳にします。
 
 
 
 
まだ春休みにもなっていないのに!!!
 
その後の夏休みの予定なんて?まったく決まっていないわ~
 
なんて方も多いかもしれませんが、、、
もし今年の夏は子供と一緒にハワイ旅行をしてみようと思っているようでしたら、、、、
 
なんともう
2017年海外旅行ツアーの販売が開始 しています!
スポンサーリンク
 
夏休みのパッケージツアーは 1月下旬くらいから パンフレットがならび始めます。
 
夏休みやゴールデンウィークなどの ピーク時にはあっという間に売り切れてしまうことも
 
まだまだ先なのでキャンセルがかからないので、 思い切って早めにホテルや飛行機を確保 してしまうほうが安心ですね。
 
ぎりぎりで探し始めると、飛行機の席が確保できないためにキャンセル待ちになったり、
ホテルも眺めのいいお部屋や割安感のあるお部屋なんかは売り切れてしまい、
結局いろいろなところで妥協をしなければならなくなります。
 
せっかくの海外旅行なので、妥協しなくてもよいように、思い通りの旅行がしたいですよね。
 

夏休みハワイ旅行のベストプランは?

行く時期や航空会社、フライトの時間、滞在するホテルが決まれば予約はいれられますし、それらの希望がわかれば希望にあったプランを探すことができます。

初めて子連れでハワイに行く場合には、いつどんなプランで行くのがよいのでしょうか?

行く時期は?

ハワイは4月~9月が乾期、10月~3月は雨期です。
ハワイのキレイな海を楽しみたいなら、 夏の乾期の時期に行くのがベスト です。
 
公立の小学校が夏休みにはいると同時にパッケージツアーの値段も、飛行機やホテルの値段もずっと高くなります。
 
幼稚園児や未就園児がいるご家庭では、
 
夏休みに入って値段が高くなる前に、
混み出す前に、
 
行く人が多いです。
 
幼稚園は夏休みに入るのが小学校よりも1週間くらい早かったりしますからね。
パパのお休みがとれるようであれば、 夏休み中最も安く行けるときです
 
その後夏休み中は値段が高く、 ピークはお盆休みの1週間 です。
その後、 8月の後半になるにつれて少しづつ値段は安 くなります
スポンサーリンク
 

航空会社

航空会社により値段は変わりますが、安いのは大韓航空です。
アメリカ系や日本の航空会社は高いのですが、 直前になると安い値段で販売されることがあります
航空券だけでとる場合です。
ツアーの値段は変わりませんが、どういうところでツアーの値段に差がでているのかということの参考になります。
 
同じ航空会社でも出発する曜日や帰宅便の曜日で値段が違います。
 
週末をからめた出発や帰りの便が値段が高くなります。
 
サラリーマンで土日が休みの会社であれば金曜夜出発であれば5日間の休暇で9連休になりますし、土日の休みをからめた方が有給休暇の使用を少なくして長く行くことが可能になるので、週末発着の便が人気なんですね。
 

日本発のフライト

飛行機の出発時刻によっても値段は違います。
日本出発時刻、現地到着時刻、現地出発時刻と日本到着時刻、
により値段に差がでます。
 
日本出発の時間は子連れなら寝てもらうことを想定に夜の便がおすすめです。
飛行機に乗って1時間もすると夕食の機内食がでるため、それを食べてから寝るとなるとあまり遅い便だと睡眠時間が短くなります。
子供も初めての飛行機で興奮していてなかなか眠れなかったりします。
 
ハワイ行きの便は成田発も羽田発も夜便です。
 
19時発から22時発くらいの間です。
フライト時間は7.5時間から8時間
時差が日本時間からマイナス19時間
 
19時発あたりの便にのると現地に朝の7時過ぎに到着
22時発あたりの便にのると現地に朝の10時半過ぎに到着

 

 
 
フライト時間は7.5時間、飛行機にのって1-2時間は寝ないとなると子供の睡眠時間は足りません。
また、すぐに寝てくれたとしても7時間となると幼児の睡眠時間としては足りません。
 
現地に早く到着しても ホテルのチェックインは早くて13時~15時くらいの です。
パックツアーだと旅行会社がチェックインを15時や16時と設定 していることがあります。
 
ハワイのホテルは、清 掃がすめば早めにチェックインさせてくれたりもします
また 有料のアーリーチェックイン もあるので、そちらをお願いすることもできます。
 
小さな子供を連れての海外旅行、子供の生活リズムはどうしても乱れてしまいます。
それでもせっかくきた旅行を最大限に楽しみたいですよね!
 

何時発の便がおすすめなのか?

おすすめは19時台のフライトです!

21時過ぎの出発便だと子供は興奮していても、一日の疲れと眠気に襲われてぐだぐだになります。
 

ハワイ通先輩ママおすすめのプラン

19時台の飛行機であれば、初の飛行機も楽しめ、出される食事や飲物を楽しみ、テレビなどのエンターテイメントも楽しんでから飛行機の中で意外とすんなり到着まで寝てくれます。
 
睡眠時間4時間~5時間くらいになりますが、現地に到着すると喜んで起きます!
 
ホテルに到着してチェックインの手続きを済ませても9時、お部屋に入れるのを早めでお願いしてラッキーだったら13時くらい。
 
荷物を預けてトイレで着替えを済ませて、ホテルのプールへ直行です。
 
朝早いのでホテルのプールは空いていて、チェアもあいています。午前中はそこで遊んでテイクアウトのピザでも食べながら過ごし、部屋に入れるのを待ちます。
幼稚園児は、お部屋に入る前にプールサイドでダウンしてしまうことも。。。
 
お部屋に移動して夜まで全員でお昼寝。
 
お夕飯の時間になったらアラモアナにでかけてぶらぶら買い物をして、夕飯
 
これがハワイ通の先輩ママから教えてもらったプランですが、試してみたところとてもよかったです!
 
幼稚園児よりも小さい子が居る場合だと日差しの強いプールで過ごすのも限界があるので、そんなのときはホテルのロビーやカフェに行くのがいいかもしれません。
 
このパターンで行くと夕飯を食べてかえって来てから寝て、次の日の朝からそんなに時差を感じることなく、子供たちも過ごせました!

ホテルのおすすめは?

ワイキキで子連れにおすすめのホテルは断然
ヒルトンハワイアヴィレッジ
です。
 
ワイキキのホテルの中でも高級リゾートホテルのグループにはいるため、 値段は高めです
 
ワイキキのビーチの西に位置し、メインの通りからは少し離れますが、メインの通りへのお買い物やレストランへはバスでも行けますし、朝や夕方の涼しいときならお散歩にちょうどよく、子供でも歩ける距離です。
 

子連れ旅行におすすめの理由は

  • ホテル目の前がビーチでワイキキビーチのような混雑はありません。
  • ホテルのすぐ近くにラグーンがあり、波がはいってこないので子供は安心できるようです。
  • このラグーンでペダルボートや大きなサーフボードを借りて、遊ぶことができます。
  • ホテルにはプールが6つもあり、ワイキキでは最長のスライダー付きプールもあります。
  • インコやカメ、お魚がいる池などが敷地内にあり、子供はホテル内だけでも十分楽しめるのです。
  • ショッピングできるお店もレストランもなんでも揃っています。
  • またアラモアナショッピングセンターまでもバスで5分ほど、子供には少し距離がありますが歩ける距離です。
  • レインボータワーのオーシャンフロントからは絵に描いたような遠くにワイキキビーチをみることができます。
  • 金曜日の夜には花火の打ち上げがあり、間近で花火を観ることができます。
 
ちょっと高めのホテルからもしれませんが、せっかく子供を連れてハワイに行くのであれば思い出に残るように子供が思いっきり楽しめるホテルに滞在してみてはいかがでしょう!
 
もちろん、ホテルもたくさんありますし、どんな風に過ごすのかによってホテルの選び方も違ってきます。
 
旅行の時期と航空会社やフライト時間の希望、ホテルが決まれば、とりあえず旅行の予約は入れられますね!後は過ごし方によってレンタカーの予約をいれたり、オプションツアーの予約をすればいいのですから。
 
パンフレットから希望に合うプランを探してみてはどうでしょうか?
 
夏休みはまだまだ先の話ですが、2017年の春夏の旅行ツアーのプランが始まっているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!
スポンサーリンク