世田谷区は 東京都待機児童数ワースト1位 、保育園激戦区で有名ですが、それだけではありません!!!
幼稚園も激戦区
なのです。
 
世田谷区には、 世田谷区区立幼稚園 私立幼稚園 があります。
 
区立幼稚園は定員割れをしている 幼稚園もある一方で、私立幼稚園は募集人数を超える入園希望者がいるため
入園テストを実施していて、 私立幼稚園入試のの倍率は2倍~3倍という幼稚園もあるほどです 。
 
幼稚園激戦区と言われるゆえんは、私立幼稚園への入園の難しさからです。
 
世田谷区立幼稚園は2年保育しかありません。
しかし、近年は3年保育が主流で3年保育を希望する人が多いようです。
 

スポンサーリンク
 
我が家も区立幼稚園が3年だったら候補にいれたかもしれません。
それに区立幼稚園が3年だったらそんなに焦ることもなかったかもしれません。
 
というのは、世田谷区で私立幼稚園の受験に失敗すると
幼稚園難民 ?!
になってしまうのです。
 
これは本当にあるあるなのです。
 
実際に友人が入園試験で不合格となり、時間をおいてからほかの幼稚園に問い合わせたものの、はいれる幼稚園はなく、空きの出るの待っていたのですが、結局どこからも連絡はなく、1年親子で待機して過ごすことになってしまったのです。
 
なので、
失敗しないための準備 失敗しないための幼稚園選びが 重要になってくるのです。
 

3年保育の私立幼稚園へ子供を入園させたいと思ったら!

kindergarden2
 
 
 
 

準備

紺スーツ、紺のスリッパ、紺のトートバック、子供用の受験服と靴

 

紺スーツ:

説明会が始まる前に準備しなければならないものがあります。
親が説明会や面接に着るための紺のスーツです。
いわゆるお受験スーツ です。
スポンサーリンク
 
お受験スーツが必要な幼稚園かどうかをまず調べる必要があります。
世田谷区の 幼稚園ははっきりとカラーがあります
説明会にカジュアルな恰好で参加される人が多い幼稚園も確かにあります。
そして
カジュアルな恰好で行ってしまうと、お受験スーツの中で一人ぽっつんと浮いてしまうような幼稚園も
本当いあるのです。
 
でも高いものを購入して準備する必要はないです。
小学校受験をする予定があるなら、また使いまわせるのですが、その予定がなく、第二子もいなければ使うことはないからです。
 
入学式で紺のお受験スーツを着ている方もいますが、入学式は同じ紺のスーツでもツイードなどの少しおしゃれな紺スーツを着ている方が多いです。
 

紺スリッパ:

通販で売っているような紺の携帯スリッパです。
お受験準備のお店などでは、ヒールがありリボンのついたお洒落なスリッパも販売されていますが、個人的には使えるのはシンプルな紺色の携帯スリッパでかかとの部分までかくれる。
シューズタイプのものだと思います。
そういったタイプのものは折りたたんで小さくなるので邪魔になりませんし、まだまだ子供を抱っこする機会のある時期ですので安全です。
どこの幼稚園でも小学校でも使えると思います。
 
紺のトートバック
ハンドバックと一緒に合わせ持ちます。なくてもよいかと思いますが、入園説明会の資料や願書を入れたりと役に立ちますし、入園してからも幼稚園で使う機会は多いと思います。
持っている方多いです。
 
子供の受験用お洋服と靴、上履き
子供の面接やテストがある場合に必要になります。これもこの後にお葬式や法事でもない限り使用することはないです。
お下がりがあればそれで十分、高いものを購入する必要はありません。
小学校で受験するときには、サイズアウトしていますしね。
親子で幼稚園の見学などする場合にも、お子さんは受験用のお洋服で来る方が多いです。
 

幼稚園選び

 
全くあてのない場合には、近所の方お子さんがどの幼稚園に通っているのかを調べてみるとよいかもしれません。
また声をかけてお話をしてみると、先輩ママさんたちは、たくさんの情報を持っているので他の幼稚園の情報についてもわかるかもしれませんね。
 
自宅の周りで通える範囲の幼稚園や興味のある幼稚園がでてきたら、幼稚園に 入園説明会 の日程を確認してみるとよいでしょう。
入園説明会はたいてい秋に行われますが、 春と秋の2回開催 しているところも多いです。
 
その場合、春と秋と2回参加すると、より多くの情報がわかったり前回では見えなかったり、わからなかったことがわかるようになったりします。
また春に参加しておくと、 運動会やバザーなど見学に行ける行事 を知ることができます。
 
説明会だけでなく、幼稚園の行事を見学するとその幼稚園の様子や雰囲気はもちろんのこと、そこに通わせている家庭の雰囲気やお母さま方の雰囲気もわかると思います。
 
説明会には、下のお子さんや赤ちゃんを連れていけない場合があるので、その点を幼稚園に事前に確認しておくことをおすすめします。
連れていけないのであれば、早めに預け先を確保する必要があります。
 

幼稚園説明会で確認すべきこと

幼稚園の教育方針
 
保育内容
 
保育時間
 
延長保育や早朝保育といった預かり保育はあるのか
 
幼稚園の中で習い事はできるのか
 
幼稚園の行事
 
幼稚園の雰囲気
 
設備(運動場やホール、プールなど)
 
昼食はお弁当なのか給食なのか
 
通園方法(園バス、自転車、マイカー、公共交通機関)
 
園の行事への母親のかかわり方、お手伝いが多いか少ないか
 
クラス替えはあるのかないのか?
 
などがあげられますが、 一番は家庭の教育方針と園の方針が一致していることだと 思います。
 
幼稚園選びの参考になればと思います。
スポンサーリンク