世田谷区は緑に恵まれた素晴らしい環境にあります。
 
緑に恵まれた?世田谷区の戸建てといえど、かなりの豪邸でも無い限り、東京都23区の戸建てにはお庭はありません。
普通のおうちは車の駐車スペースがある程度でお庭といえるようなお庭のある家は少ないです。
 
では、なぜ緑に恵まれているのか?
 
それは緑の多い大きな公園があるからなんです。
 
その一つに三軒茶屋や三宿に近いところにある世田谷公園があります。
 
先日、久しぶりに世田谷公園に遊びに行ってきました。
丸1日楽しめる公園で、子供も大好きな公園です。
 
世田谷公園は世田谷区に住んで子育てをしているなら、是非ちょっと足をのばしてでも遊びに行って欲しい公園の1つです。
今日は世田谷公園についてご紹介したいと思います。
 
 

世田谷公園

setagayakouen
setagayakouen
 
世田谷区池尻1-5-27
 
世田谷公園の真ん中にはシンボルの大きな噴水があります。
そして、公園の目玉は、ミニSL「ちびくろ号」です。
そのほかにもゴーカートやプレーパーク、遊具の広場、プールもあり、子供が楽しく遊べる施設がとても充実している公園です。
 
 

ゴーカート

このゴーカート、足を前後に動かして動かすタイプの車でちょっとこつがいります。
慣れた子供たちはスイスイと進んでいきます。
コースには信号機や歩行者信号もあり、子供たちはその信号をみて、ちゃんと左側走行で走っています。
信号や交通ルールののお勉強にもなります。
足で動かすタイプのゴーカート、結構な運動になります。
ゴーカートは10台ほどあり、無料ですが子供たちに大人気で、ゴーカートが出払っているときもあります。
 
 

本物の機関車D51

ゴーカートのコースのすぐ横にはD51機関車があります。
ちょっと上って中をのぞいてみたりすることができます。
中にはいって乗れるほどではありませんが、子供たち、機関車の周りをぐるぐるまわったり、機関車にのったりおりたり
しながら、楽しんで遊んでいます。
 
ミニSL「ちびくろ号」
これ、子供にはたまらない乗り物です。公園内を走る小さなSLに乗れるのです。
1度に乗れるのは10人から15人くらいかなと思います。大人も一緒に乗ることができます。
本物の5分の1の大きさのSLが公園内を3分ほど走ります。

ミニSL「ちびくろ号」利用料金

中学生以上70円 小学生30円 小学生未満無料
運行時間
3月~11月:運行日の午前9時~午後4時
12月~2月 :運行日の午前9時~午後3時
(12時~午後1時は運休)
 
運行日は水曜日と土日祝日
 

プレーパーク

 
プレーパークは、自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにした遊び場です。
ボランティアのプレーリーだーという人がいて、一緒にたき火をしたり、焼き芋をやいたり、
木登りをしたり、泥んこ遊びをしたりできます。
手作りの秘密基地的な小屋があったり、ちょっと普通の公園とは違っていて、とっても面白い場所です。
 

遊具の広場

もちろん、小さな子供が滑り台をしたり、ブランコをしたり、お砂場遊びをしたりできる普通の公園施設の整った
遊び場もあります。
 

ランチの場所

世田谷公園近くにはファミレスやレストランも多く、子供と一緒に気軽にランチできる場所もたくさんあります。
朝から公園で遊んで、ご飯を食べて、また公園で遊ぶ!
丸1日ぐるりと公園巡りをして遊ぶことができます。
ゴーカートのって、SLで遊んで、プレーパークにいって、ミニSLにのって、広場で遊んでなんて、ぐるりと回るのが
そんなに大変ではない、ちょうどいよい広さの公園です。
 

オムツ替え出来る場所?

あります!プールの近くにあるおトイレが多目的トイレで、キレイでオムツ替えもできます。
 
 

公園へのアクセス

田園都市線の池尻大橋駅と三軒茶屋駅の真ん中くらいに位置する公園で、どちらの駅からも歩くと20分くらいかかり、
電車でのアクセスはあまりよくありません。
 
駐車場がありますが、台数に限りがあるのため土日は混雑します。100円/30分
 
最寄りは東急バスの、「自衛隊中央病院入口」駅です、バスで行くのがお薦めですが、もちろん自転車でも。
 
 
 春休みおでかけ特集に戻る