今日の 待機児童問題のニュース をちらっとみました。
4月からの保育園の入園許可の結果が出始めているようです。
 
去年の保育園に 入園できなかった母親のSNS投稿炎上 からか。。。
仕事復帰をしたい母親たちの気持ちを考慮して、入園許可の通知書の言葉が 「不承諾」から「保留」 に変わったんだとか。
 
そんなのところにお金や労力を費やすよりも根本的な対策をしてほしいと思っている人が多いはず。
 
世田谷区は保育園激戦区 として全国的にも有名なところです。
スポンサーリンク
 
私も1年間は育児休暇をとりました。子供が一歳になったら復帰しようと考えていましたが、考えが甘かった。
結局復帰をあきらめてそのまま、専業主婦になってしまいました。
 
専業主婦をしていても、「 子供をちょっと預かってもらえると助かるのにな~ 」というときが多々あります。
 
 
自分が体調を崩したとき、
病院へ行きたいとき、
ちょっとした用事を済ませたいとき
 
などなど。。。
 
小さな子供をあちこち連れまわすと移動も大変で、子供も疲れてグズグズしてしまったりします。
一人で動ければささっと済ませられる事も1日仕事になってしまうときさえあります。
 
我が家はそんなときは世田谷区のホットステイを利用 してきました。
 
しかし、この

ホットステイも人気がありすぎて、 予約電話がつながらずコンサートチケットでも取るかのように
何時間も電話をかけ続けなければ予約ができないという状況でした。。。
 
ホットステイは
世田谷区に在住の 満1歳以上の未就学の子供の一時預かり施設 です。
子育てステーション烏山、梅丘、桜新町では、生後4ヶ月からの0歳児預かり実施が始まりました。
 
料金は
1時間まで1,250円  3時間まで1,850円  4時間まで2,500円
 
という ほかに比べたら格安で、ママたちにも人気の施設 です。
 
先ほども話した通り、ここの予約が本当に取りにくいのです。
 
そこで、ほかにも区の進める事業で子供の預かりをしてくれるサービスがあるのをご存じでしょうか?
 

ファミリー・サポート・センター事業

スポンサーリンク

 

堅苦しい名前に、世田谷区のホームページをみると一瞬自分とは全く関係ない事業のように思えてしまうのですが、これがとてもよい一時預かりなのです。
 
通称ファミサポ です。
子育てのサポートを必要とする人(会員)と援助できる人(援助会員)が支えあう活動です。
 
区に登録している援助会員を紹介してもらい、直接援助会員さんと連絡を取り合って、助けが必要なときに自分の自宅、援助会員さんのお宅、公園や児童館で子供を預かってもらうことができるのです。
 
援助会員さんは保育士の資格を持っているわけではなく、 自分の子供が大きくなり手が離れた子育て経験者 だったり、子供好きな方だったりします。
 
自分の自宅の近くでお互いに気の合う人を紹介してもらえると、 料金は発生するものの近くにすむ家族のような手助け をしてもらえる可能性もあります。
 
もちろん、援助会員さんもいろいろな事情があると思うので援助会員さんの時間が空いていなければ、サポートをお願いすることができません。
 

利用するには

利用登録説明会 に参加しなければなりません。
 

利用できる人は

区内在住で 生後43日目以降から小学校6年生 の保護者
 

利用料金

1時間800円 (曜日、時間帯にかかわらず)
兄弟姉妹を2人以上同時に預かる場合、 2人目以降は半額(1時間400円) となります。
 
交通費や子どもの食事代(300円から500円が目安)などの 活動中に生じた費用は実費を負担
料金の受け渡しは、会員同士で行うことになります。
 

預かる場所

自宅、援助会員宅、おでかけひろば、公園、児童館など
 

利用時間

原則として 午前7時 から 午後9時
 

ファミサポとホットステイの違い

ファミサポとホットステイの違いは下記の表で説明しますが、 預かってくれる人が有資格者か一般の人 かではないでしょうか。
 

料金比較

 
子供をちょっとみてもらう、1時間以内に済ませられる用事ならファミサポのが安いです。
3時間~4時間と長めの時間を預けるならホットステイです。
以下、子供一人を預ける場合にかかる費用です。
 
子供一人の場合 1時間 2時間 3時間 4時間
ファミサポ 800円 1600円 2400円 3200円
ホットステイ 1250円 1250円 1850円 2500円
 
子供を二人一緒に預ける場合には、ファミサポのほうが長い時間でも費用は安くなります。
子供二人一緒の場合 1時間 2時間 3時間 4時間
ファミサポ 1200円 2400円 3600円 4800円
ホットステイ 2500円 2500円 3700円 5000円
 
ファミサポは曜日時間帯に関係なく、1時間につき800円で兄弟を一緒に預ける場合はプラス400円で預かってもらえます。
 
ホットステイは、一人につきかかる費用は同じなので、一人で預ける場合の2倍の費用 がかかります。

利用時間

  利用時間
ファミサポ 午前7時から午後9時(原則として)
ホットステイ

施設により利用時間が異なる。

利用開始時間は早い施設で8時から、ほとんどが9時~10時に設定されている。終了は午後17時~18時までという施設が多く、一番遅い子育てステーション成城で19時までとなっている。

 

利用対象

  利用対象となる子供の年齢
ファミサポ 生後43日目以降から小学校6年生の子ども
ホットステイ 満1歳以上で未就学児。生後四ヵ月から預かり可能な施設もあり。
 
生後4か月に満たない子供や、小学生の預かりと預かりの年齢幅が広いのがファミサポの特徴 です。
ホットステイは満1歳から未就学児なので、小学生に上がる前までのお子さんが対象となります。
 

預かる場所

  預かる場所
ファミサポ 利用者自宅、援助会員宅、児童館、公園、おでかけひろば、その他近隣の公共施設
ホットステイ

世田谷区内の以下8つの施設内

  • 子育てステーション成城
  • 子育てステーション世田谷
  • 子育てステーションイ烏山
  • 子育てステーション桜新町
  • 子育てステーション梅丘
  • ほっとステイ カムパネルラ経堂
  • まちもりほっとステイSUKUSUKU
  • ほっとステイ「ぽっぽ」

その他

ファミサポの場合には、預かるだけでなく、送迎を含めて送迎前後の預かりも依頼できるのが特徴です。
子供が病気になった場合も安定期に入れば預かってもらえるというのも大きな特徴です。
 
ホットステイは集団預かり施設なので発熱をしたり体調が悪くなった場合には、すぐに迎えにいかなければなりません。
 
 

注意点

ホットステイが区が運営を委託する一時預かり施設であるのに対して、ファミサポは区が仲介して紹介してくれる援助者とはいえ、金銭のやりとりも個人で行い、一個人である援助者(はじめは全く知らない人)に子供を一時的に託すことになるので、 信頼できる人であるかしっかりと見極める必要があります。
 
本当に信頼でき、そして頼りになる援助者に出会えたなら、大きな子育て援助となることは間違いないです。
 
上の子が幼稚園児、赤ちゃんが生まれた、近所にすぐ来てくれるような両親はいないという場合などに利用されている方が多いようです。
 
こういうときにこそ、ママ友のネットワークを生かし、 「ファミサポで評判がよい方を知らない?」とママ友や先輩ママに聞いて、評判のよい安心できる方を見つけると良いのでないでしょうか。
 スポンサーリンク