世田谷いちご塾体験レポート!

strawberry15

世田谷いちご塾へ行ってきました。前にこのサイトで紹介した「せたがや ふれあい農園」のいちご狩り!

世田谷いちご塾は、世田谷区の中町4丁目にあるいちご狩りスポット のことです。

実は今年は2度目です。前回は日曜日の午前中にきたのですが、赤いいちごが少なくなっているということだったので、食べ放題をあきらめて、いちご摘み(量り売り)にしました。

お店の方からは、今度来るときは水曜日の朝いちばんに着てくるといいですよとアドバイスをいただいていました。

そして、そのアドバイス通り水曜日の朝一で行ってきました!

 

今回は念願のいちご食べ放題!を体験してきましたよ!

農園の方にも色々と聞いてきましたので、そのお話もご紹介しますね!

スポンサーリンク

いちご塾いつ行くのがベスト?

IMG_0034

シーズは12月から6月!となっていますが、 ベストシーズンはこれから!

イチゴの量、大きさ、甘さ、どれをとってもこれから1か月くらい、3月4月ごろがベスト だそうです!

 

イチゴ塾の定休日は月曜と火曜日 です。なので、日曜日だともうみんなが採った後なんですね!

行くなら 水曜日の午前中 です!

今日は水曜10:00到着、おじさんからも食べごろのイチゴがたくさんあります!とお墨付き!

0:00にオープンして、そのあと11:30くらいまでの間に子連れママたちのグループや学生さんたち、どんどんと人がやってきました!

 

ハウスは短いサイズのハウスが2つと長いハウスが1つで、普通のハウスが4つ分くらいでしょうか。

ハウスの中が人でいっぱい!なんてことにはなりませんでしたが、真っ赤なイチゴはあっという間になくなります!

30分食べ放題!たったの30分ですが、入ったときに比べると帰るころには、食べごろ真っ赤なイチゴの数はだいぶ減っていたように思います。

なので、行くなら水曜朝10:00、一番がおすすめですよ!

 

イチゴ狩りのシステム

IMG_0036

量り売りと30分食べ放題を入り口で選び、食べ放題なら先にお金を支払います。

食べ放題

食べ放題は30分食べ放題

大人2000円

子ども1700円

入場時間と退場時間を書いた小さなメモと練乳入れた小さな容器をもって、ハウスへGO!

量り売り

イチゴを入れるかごをもらってハウスへGO!

量り売りは3g=1円

大きさも様々、持ち帰る数にもよりますが、1パック600円くらいでしょうか。

量り売りはスーパーのいちごが入っているような透明なプラスチックのパックにつめて、ビニールにいれて持ち帰ることもできますが、オーナーがデザインしたかわいいお箱に詰めてもらうこともできます!

とっても可愛いデザインで、そのままお土産やプレゼントにもできます!

いちごの栽培方法

高設栽培システムを導入した衛生的な環境で栽培されています!

つまり、小さな子供でも手の届きやすい位置にいちごがなっていますし、大人は屈まずに歩きながらいちごがとれるのです!

2歳~3歳くらいの子供であれば、手を伸ばしていちごをとって、その場で食べることができます!

子供たちはハウスの中をあっちにいったり、こっちにいったりといちごの下を通りぬけて、大きなイチゴを見つけた!真っ赤なの見つけた!ととっても楽しそうでした!

 

イチゴのお味は?

入り口で練乳がもらえますが、練乳なんていらないくらいの甘さです!

またとても 大ぶりの大きなイチゴが数多く あり、子供のテンションもあがりました!

IMG_0033

3つのハウスを移動して、 30分間食べ歩き

イチゴは章姫と紅ほっぺの2種類がどのハウスにもありました!

どちらも甘い!実も柔らかく、とっても美味しい!

紅ほっぺのほうが大振りの大きな真っかなイチゴが多く、章姫は色が薄目でも酸味が少なくて柔らかく食べやすい感じがしました。

お土産

 

ここで採れたいちごを使って作った

いちごジャム 600円

アイスクリーム 300円

いちごゼリー200円

が売られていました!

この他、冷凍いちごも販売されていましたよ!お菓子作りやジャムづくりに使えますね!

IMG_0038

箱入り

 

スポンサーリンク

場所 

東急大井町線の上野毛駅から10分 ほどのところにあります。

今は携帯と携帯のマップでどこにでも行ける時代なので、迷わないかもしれませんが、

中町小学校と川沿いということを頭にいれてそれらを目印を行くといちご狩りの旗が見えてわかりやすいです!

車が3台ほど駐車できるスペースがあります。

自転車は農園の前や駐車スペースなどにとめることができます。

ベビーカーは少し中にはいったところに、ベビーカー置き場がありました。

トイレも和式のトイレですがハウスの奥に設置されています。

まとめ

帰るころには、赤いイチゴは少なくなっていましたが、これから赤く育ついちごが本当にたくさんなっていました!

IMG_0001

これらが今から赤く、甘くなるということは、農園の方のいうとおり、

シーズは本当にこれから!なんだと思います!

まだまだ間に合います!

この春、世田谷でお子さんといちご狩り体験デビューしてみては、いかがでしょうか?

食べ放題のお値段的には高い?と思われるかもしれませんが、東京からだと千葉や神奈川までいちご狩りにいくことを考えると、その交通費やいちご狩りの値段、時間、イチゴ狩りのシステム(30分食べ放題)などなど色々比較してみてると、そんなに高いとは思えません。

春休みの午前中にお友達と誘い合わせてぷらっと行って、体験できる!

帰りには、近くのヨークマートでお昼を買って、中町公園で遊ぶ!なんてのも1日のお出かけコースとしておすすめですよ!

 

いちご狩りの記事はこちらにも!

収穫体験でいちご狩り!世田谷区のふれあい農園

 

スポンサーリンク